オスグッド症例11 中1男子 野球部 右膝

 

 

 

施術前の状態

平成23年6月から右膝が痛い。そのころから野球部の練習はずっと見学。

施術とその後の経過

1回目

施術前の状態:

走ると痛い。正座で痛い。ピンと伸ばすと痛い。両足で立ち、両膝をちょっと曲げただけで痛い。
軽く押すだけで痛い。(圧痛あり)

3回目

施術後:
正座で痛くない。ゆっくりしゃがんで痛くない。圧痛は無い。
学校祭で、ソーラン節の練習をしているがそれでは痛い。

4回目

施術後:
片足(右)でゆっくり曲げても痛くない。
だいぶ良くなっているが、夜痛みがある、というので、施術を継続することにした。
軽く走っても大丈夫。
いきなり長くは走らず、少しずつ走る距離を伸ばすようにすること。

5回目

施術前の状態:
夜の痛みは無くなった。

雨の日が多かったので、ほとんど校内を走る練習だった。3階まで、6周走っても大丈夫だった。という話を聞き、ほぼ大丈夫と判断し、5回で終了。

考察

野球部の練習での走りすぎと、ストレッチ等ケアをしていないことで、オスグッドになったと思われる。

施術と家庭でのストレッチで、少しずつ回復。

正座ができるまで3回かかっているので、中程度のオスグッドか。

施術は終了しても、走塁の練習などいきなり全部はやらず、少しずつ増やすように指導。
ストレッチ、正座、お風呂などは、今後も続けましょう!

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

この記事に関する関連記事