小6 女子 バスケット 足首の捻挫

小学6年 女子 バスケット
主訴 足首の捻挫  翌日の試合に間に合った

院長ブログより

バスケットボールスポーツ少年団の主力選手

今日(平成26年7月12日)、明日、県大会の予選。

今日の2試合目の4クオーターで、足首を捻挫し、途中交代。

明日は、準決勝と決勝。

 

明日もどうしても試合に出なければいけないので、

チームメートの紹介で来院。

時間外だったが、施術開始。

少し腫れているが、それほど重傷ではなさそう。

 

指撫法のあとで、足首の動作法。

ジャンプやディフェンスなど、いろいろな動きをやってもらって、

その都度、痛みがある動きで、何回も動作法を繰り返した。

結果、ほぼ、痛みはとれた。

最後に外を走ってもらい、痛みが無いことを確認。

 

「すごい、すごい。さっきまで、痛いって言って、こんな風に歩いていたのに。

こんな短時間で。」

と、お母さん。

 

実際の試合では、動く角度で、まだ痛い角度があるかもしれないが

「大丈夫そう!」

と、本人。

 

明日の試合は大丈夫でしょう。

遅い時間だったので、明日に備えて早く帰ってもらった。

後日、ゆっくりストレッチなど教えるから、また予約をとってきてくださいね。

チームと本人を救えて、良かった!!!

明日は、優勝をねらっているそうだ。がんばってね。

 

軽い捻挫であれば、翌日の試合に間に合います。

※施術者 小松尚子
※効果には個人差があります
※院長ブログより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加