肉離れ(筋肉の痛み)症例14 ふくらはぎが切れそうな位痛い

施術前の状態

中学2年 女子 バスケット

4日後には、バスケットの県大会を控えている時。

学校の先生から、病院に連れて行ってほしい、と連絡があった。もう病院は閉まっている時間なので、整骨院へ。

整骨院から、コスモス自然形体院に連絡があり、時間外だが大会が迫っているので、施術OK。

4日前からふくらはぎが痛くなった。だんだん痛みが酷くなり、昨日までは走れたが、今日は走れない。押しつけられているような、切れそうな痛み。張っている。圧痛がある。

整骨院で電気をかけて、少し良くなった。

3日間あけた4日後がバスケットの県大会。

施術

1回目 令和元年7月9日

施術:まず、全身の歪みの調整。それから、脚全体、とくにふくらはぎの癒着や疲労を丁寧に取る。大会が近いことと、回復が速まるので、全身の疲労も取る。

施術後:歩いてもらうと、だいぶ楽に歩ける。

家庭でのケアの方法を教えた。具体的は、オメガ3のサプリを飲むことと、小豆袋で温める。マザーキャットという特別のものを優しく揺らしたり、日中ずっとふくらはぎに巻く。

これで、あとは、回復力を信ずるのみ。

その後の経過

マザーキャットを授業中も練習中もずっと巻いてもらった。

お母さんからのライン。

7月11日

7月13日

たった3日間しかなかったが、驚異的に回復し、バスケットの試合に出場することができた。

フル出場し、思いっきり走ることができたそうだ。

マザーキャットはすごい!間に合って良かった。

この時レンタルしたマザーキャットは、次の写真。

 

※効果には個人差があります

肉離れ、筋肉の張り・痛みについて詳しくはこちら

肉離れ、筋肉の張り・痛み

この記事に関する関連記事