オスグッド症例8 中1男子 野球部 

お母さんより

体を動かすのが大好きな息子(中1)は、小学2年から、野球、冬はクロカンもやっていました。
6年性の冬に少し膝に痛みがあり、病院でオスグッドと診断され、
「オスグッドは成長が止まるまで治らないので、痛い時は休んでうまくつきあっていくしかない。」

と、痛み止めと湿布をくれただけでした。

その後、中学に入学してから急激に悪化し、歩くだけで痛いため、部活(野球部)はもちろん、体育の授業も休まなければなりませんでした。
痛みがこの先何年続くのかわからない中で、この時期に大好きなスポーツにも打ち込めず、諦めなければいけないのかと、とてもショックでした。

接骨院にも毎日通いましたが、回復せず、何か他に治療法はないか調べたところ、こちらを見つけ施術をお願いしました。

膝だけでなく全身を見て説明をしていただき、時間をかけて施術してもらって、とても気持ち良く、足が軽くなったとのことでした。

曲げられなかった膝が、ゆっくりですが正座できたのには、驚きました。

それからは、怪我をしにくい体作りを目指して、正座とストレッチを続け、以前よりも体が柔らかくなってきました。

息子の場合、治るのには少し時間がかかっているのかもしれませんが、少しずつ運動もできるようになり、
「走っても痛くなかった」

とうれしそうに話す息子を見て、毎週頑張って通い、本当に良かったと思います。

膝の心配をしないで、全力で走れるようになりたい、とのことですので、これから、もっといい状態で大好きなスポーツを思いっきり楽しめるよう、完治できたらいいな、と思います。

これからも、よろしくお願いします。

院長コメント

7回ぐらい通院したところで、かなり改善していたが、路上を走ったせいか、また悪化。

現在、12回通院。グランド上での練習では、長距離走ったとしても、もうほとんど痛みはない。雨降りで、校内を 階段の上り下りも含め
ひたすら走っても痛みは出なかった。

数日前、2キロメートルちょっと路上のタイムレースでは、走ったあと、少し痛みが出た。

完全に痛みが無くなるまで通院したい、と通院を続けている。
ストレッチを続けているので、身体も柔らかくなり、立位の前屈で、10センチメートル以上、深く前屈できるようになった。

膝を傷めている場合、できれば、路上は走らない方が良い。道路は固く、膝に与える衝撃も大きいため。

「オスグッドは、成長期は治らない」

と宣告されて、痛みを我慢している皆さん、痛みはなくなりますよ。

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

この記事に関する関連記事