乳癌

  • 癌を予防する方法を知りたい
  • 乳がんを手術や抗癌剤治療ではなく、対処したい
  • 乳がんの再発や転移を防ぎたい
  • 手術のあと、抗がん剤治療をやるべきか迷っている

このようなお悩みをお持ちの方には、当院の方法がピッタリです。

当院は、ガン治療に実績のある鶴見クリニック理事長の鶴見隆史医師の主催する酵素栄養学セミナーで研修を積み、鶴見医師と直接メールでやりとりして助言を受けて、患者様に対応しております。

 

 

癌になりやすい環境

癌にならないために、まず癌になりやすい環境について、知ってください。

  • 喫煙、大量の飲酒
  • 食事の偏り、過食
  • (西洋)薬の飲み過ぎ
  • ストレス
  • ライフスタイルの偏り(食事の時間・睡眠時間等)
  • 体温が低い
  • 運動不足・睡眠不足

こんなよくありがちなことが、免疫力を低下させ癌細胞がどんどん増えていく原因になるのです。

特に、癌発症の原因になるのが、食生活です。

当院では

  1. ファスティング & 食事療法
  2. ホルミシス療法(温熱療法)
  3. ライフスタイルの改善
  4. 自然形体療法

を、お勧めしています。

1、2、3,については、鶴見クリニック理事長鶴見隆史医師より直接学んだ療法です。

4、自然形体療法 は、当院の施術です。日常の体調アップや体温アップを目指します。

なぜ、病院での一般的な治療ではなく、このような対処法をオススメするのか、簡単に説明します。

(1)手術

言うまでも無く、体にメスを入れて、癌を切り取る。しかし、リスク・デメリットも大きい。

・手術そのものが成功しても、後遺症が残るケースが非常に多い。

・切ったところに大量の活性酸素が発生し、全身の組織を攻撃する。

・メスを入れることで、がん細胞を壊し、癌細胞を流出させる可能性も低く無い。

※鶴見隆史・林田学著 「患者と家族のためのがんが消える補完代替医療」より

(2)抗癌剤

抗癌剤は、手術前に癌を小さくして取りやすくする