筋肉の話3 筋肉の超回復

筋肉の超回復

筋肉は,鍛えるとだんだん太く強くなりまが、使わないでいると、だんだんやせて細く弱くなりますよね。

それは、経験でわかると思います。
私も、神社の400段の階段を上った1回目の時は、

足がくたくたっと力が抜けるような感じがしましたが、

2回目ですでにかなり良くなり、3回目の時からは、そんな感じは無くなりました。

ただし、1週間以上過ぎると、筋力は弱くなるような、感じがします。ほんの数回の訓練で、かなり筋肉は丈夫になるみたいですね。

それは、なぜでしょう?
筋肉は激しい運動をすると筋繊維が損傷します。

それを修復するときに前の筋肉よりも丈夫な筋肉を作るので、運動していくと、だんだん筋肉が太くなっていきます。

これを筋肉の超回復といいます。

修復するために、血液が栄養(修復するための材料)を運びます。

血流が良いと、材料がどんどん運ばれ修復がスムーズに行われます。

ここで、注意しなければいけないのは、修復が完了するまでの時間です。

あるHPには

筋肉の損傷が回復し筋肉の量が増加するまでの時間は、24~48時間。

筋肉は、いったん損傷すると筋肉量は減ります。それが回復し増加するまで、24~48時間かかるというのです。

筋肉が損傷するくらいのトレーニング、激しい運動をやると、筋肉は損傷します。

筋肉が回復し、増加するまで、24~48時間かかるということは、

休息しないで(休息日を設けないで)、筋トレを毎日やっていると、回復が追いつかず、筋肉量はどんどん減る、ということです。

損傷するほとの激しい運動は、毎日やってはいけないんです!

筋肉の増加が目的のきつい筋トレは、同じ部位を毎日やってはいけない、ということです。

スポーツの練習を毎日やってはいけないのか、ということではありません。

一つの技術を身につけるためには、毎日、繰り返し繰り返し練習し、筋肉の使い方を筋肉に(脳に)覚え込ませないといけません。

筋肉の超回復のために必要なこと

(http://www.know-dt.com/TrainingARC/abtrain/085_increa.html)

によれば

・「筋肉が必要だ!」と思わせる強度の運動
・筋肉の合成に必要な栄養
・筋肉の修復と合成に必要な休養
これに是非付け加えたいことがあります。

それは、

・良好な血流 です。

血流が良いと、疲労物質などをどんどん運び去り、

栄養を必要なところにどしどし運びます。
自然形体療法で血流が良くなると、不思議なほど怪我が早く治るのを経験した人は、多いでしょう。

自然形体療法では、スポーツマンの筋トレは必要ない、と訴えています。

でも、一般の人が筋力が衰えないように、筋肉を鍛えるのは、健康鍛錬法といって、お勧めしています。

これも、毎日同じことは続けません。

1日目上半身なら、2日目は下半身、といった感じです。