小4 女子 バスケット 症状:オスグッド

小学4年 女子 バスケット 主訴 膝の痛み

☆施術前の状態
平成23年7月頃から、右膝が痛い。
病院では、オスグッドであろう、との診断。
回復には長くかかる、と言われた。

1回目  9月17日
体重をかけたとき痛い。
膝を伸ばしたとき痛い。
少し長く走ると痛い。
ゆっくり屈伸すると途中で痛い。
圧痛がある。

☆その後の経過

2回目   ゆっくり屈伸しても痛くなくなった。

3回目
バスケットの練習後は、少し痛い。
ピンと伸ばしても痛くなくなった。

4回目  10月8日
みんなと一緒にバスケットの練習をしても、痛くなくなった。
4回で、終了。

☆考察

お父さんは、バスケットのコーチ。
1回目のときから、ストレッチについて、
オスグッドについて、
身体のケアの方法について、
バスケットの練習方法について、
かなり詳しく話をした。

10月31日の、アスリートセミナーに参加。
スポーツ障害についての認識を深めた。

その後は、3人のお子さんが、
疲労などで違和感や少しの痛みが出た場合、
ひどくならないうちに施術を受け、
ほとんど1回の施術で回復している。

ひどくならないうちに練習を休み、
施術を受けることが大切。

※施術者 小松尚子
※効果には個人差があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加