筋肉の話1 筋肉疲労とストレッチ

筋肉疲労とストレッチ
筋肉は、運動すると、疲労物質を出します。

激しく運動するほど、疲労物質はたくさんでます。

その疲労物質は、いずれ血管に吸収されますが、量が多いと吸収されず残ります。

血流が悪くても、血管に吸収されにくくなります。
疲労物質が残ることが積み重なると、筋肉が固くなり血管を圧迫するので血流が悪くなります。

血流が悪くなると、血管から吸収されにくくなり、ますます疲労物質がたまります。

肩こりで筋肉ががちがちに固くなるのは、疲労物質がたまったのが、原因のひとつです。

ストレッチはこの疲労物質の吸収を早めます。

だから、運動後のストレッチは、重要なのです。

運動前であっても、疲労物質が残っていますから、その疲労物質を絞り出して血管に吸収させてから運動した方が、身体の動きが良くなります。

ぞうきんを絞ると、水がじゅわ~~っと出ますね。

自然形体療法の究極のストレッチは、ぞうきんを絞るようにひねりを入れたストレッチなので、全身の疲労物質がじゅわ~っと絞り出されるのです。

一般の直線的なストレッチとは効果が全然違います。

自然形体療法の基本的な考え方のひとつ

筋肉を伸ばすと、疲労がとれます。

ただし、痛く無いくらい、気持ち良い程度に伸ばす。

これが、大事です。

痛いのを我慢して伸ばすのは、危険です。

痛いのを我慢して無理に筋肉をのばすと、筋肉が切れる恐れがあるので、脳はかえって危険を感じ、筋肉は伸びるどころか、かえって縮んできます。

気持ち良い程度に伸ばすことが大事です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加