オスグッド症例12 小5女子 卓球 左膝

施術前の状態

去年(平成30年)の12月から左膝が痛み始めた。

1月に整骨院で「オスグッド」と言われ、2月11日に試合に出て悪化。

2月12日から練習を休んでいる。練習会場にも行っていない。

痛みの状態は、

・階段を上るとき、下りる時痛い。(1段ずつ上り下りしている)

・卓球をやっていると痛い。(歩いては痛く無い)

・深く曲げると痛い。(120度ぐらいで痛い。痛いので膝を伸ばして座っている)

・正座できない

・圧痛がある

施術とその後の経過

1回目 平成31年2月17日

施術:まず、全身の歪みの調整。それから、左脚を中心に脚全体の緊張や疲労を取る。そして、膝周辺の筋肉の疲労・緊張を取る。

膝関節のずれを調整。

膝蓋靱帯が剥離しているので、丁寧に指撫法を行う。これで、圧痛はほぼ無くなった。

痛みのある部分を自然形体療法の方法で施術。幾分は深く曲がるようになった。

施術後:圧痛はほぼ無い。幾分深く曲がる。

本人の弁「全然違う」

自然形体療法独自のストレッチを教えた。

2回目 2月18日

施術前:階段の上り下りでの痛みが少なくなった。膝を90度ぐらい曲げると痛い。圧痛が少しある。

施術:前回とほぼ同じ。1回目の時より、痛い範囲が狭くなっていた。自然形体療法の方法で、どんどん深く曲がるようになった。

施術後:正座しても痛く無い。

3回目 2月20日

施術前:正座して痛く無い。階段の上り下りで痛くない。軽く走っても痛くない。ゆっくりしゃがんでも痛く無い。圧痛は無い。

施術:膝蓋靱帯の剥離はほとんど無くなっているので、脚全体の疲労をとるのを中心に施術。

施術後:練習に復帰しても良い。ただ、いきなり元通りの練習をするのは危険なので、少しずつ練習量を増やしていくように指導。短期間で痛みが無くなって、良かったですね。

考察

卓球のスポ小に所属。平日週4回の練習で午後7時から9時半まで。

寝るのは、どうしても遅くなり、午後11時ごろ。

5年生で11時に寝るのは、遅すぎる。睡眠が足りなくて、疲労が取れず、オスグッドに至った可能性が高い。

施術を受けに来た段階で、練習には行っていないということだったので、とにかく、睡眠をとるように指導。小学生なら理想は10時間。せめて、9時間はほしい。あと、お風呂の入り方。+ストレッチ。

本人の回復力が良く、2回目で正座ができ、3回目の施術前の話によると、階段の上り下りも痛くない。ゆっくりしゃがんでもらっても痛く無い。

無理な練習と休養不足(睡眠不足)、ストレッチをしない、と、またぶり返す可能性があるので、睡眠・お風呂・ストレッチに気を付けるように念を押して、終了。

 

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

この記事に関する関連記事