中2 男子 陸上 足首捻挫の痛みがすっきり取れない

中学2年 男子 陸上長距離 1500メートル
主訴 足首の捻挫の痛みがすっきり取れない

院長ブログより  

20日前に、左足首を捻挫。
まだ痛みがあり、おもいっきり走ることができない。
大会のために、練習に力をいれたいのに、できない。

おそらく、動作転移の痛みでしょう。
動作転位とは、特定の動きのときに、関節がずれるための痛み。

周辺の筋肉の疲労をとってから、まず、仰臥位で足首の関節の動作時の
ずれを修正。
立位で確かめてもらうと、まだ痛い。

次に立位で、痛い動作での足首の関節のずれを修正。

室内で痛くなる動作をやってもらうと、
「痛くないです」

外で走ってもらう。
軽く走って、「痛く無い」
徐々にスピードをあげて、「痛く無い」

「1500㍍走っても、大丈夫そう?」
「大丈夫です」

お母さん曰く、
「走りっぷりが違う」

「もう練習を再開しても、大丈夫ですかね?」
「大丈夫ですよ!」

遠くからきたかいがありましたね。
ひとりの少年の、陸上にかけた青春の思いを
後押しすることができた。

※施術者 小松尚子
※効果には個人差があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加