膝痛症例32(オスグッド症例12) 小5男子 バスケット 右膝

施術前の状態

1週間前、2日間3試合に出場。その翌日の朝から痛くなった。

歩くだけで痛い。

膝を45度ぐらい曲げただけで痛い。

圧痛がある。

階段の上り下りが痛い。

施術とその後の経過

1回目 平成27年1月17日

施術:まず、全身の歪みの調整。脚全体の疲労を取る。特に膝裏の疲労・緊張を取り、膝関節のずれを修正。血流を良くして、圧痛を取る。膝蓋靱帯の剥離を取る。

施術後:ストレッチと日常生活の注意を指導。

2回目 1月24日

施術前のカウセリング:だいぶ楽になった。圧痛も歩くときの痛みも、以前よりいい。

施術:前回と同じ。

3回目 1月31日

施術前のカウセリング:だいぶ良い。深く曲がる。

施術:1回目と同じ。

施術後:正座できるようになった。

考察

1日3試合を2日間というのは、この子の体力・筋力では、疲労回復させることができなかった、ということ。

日々、身体のケアをして疲労を取っていれば、痛みは出なかったかもしれない。

正座ができたところで終了となったが、できれば激しい運動をしても痛みが出ないところまで、もう数回施術を続けてもらいたかった。

※効果には個人差があります。

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

この記事に関する関連記事