肉離れ症例15 40代男性 野球の練習中右ふくらはぎの痛み

施術前の状態

野球をやっていて、フライを捕ろうとぐっと右にひねって走ろうとしたとき、ボールが当たったような痛みがあった。

今も痛い。

触っても痛い。

足首を伸ばした状態でないと歩けない。

施術とその後の経過

1回目 平成27年1月5日

施術:まず、全身の歪みの調整。次に、膝から下の血流を良くする。そして、自然形体療法の肉離れの方法で筋肉の剥離に対する手法や内出血を排出する手法を行う。

施術後:お風呂など日常生活の注意点を指導。

2回目 1月6日

施術前のカウセリング:だいぶ楽になった。まだ、つま先立ちでないと歩けない。

施術:前回と同じ。

施術後:かかとをつけて数歩歩けた。痛いというより、つっぱるという感じになった。

つま先で歩くと、軽やかに歩ける。

考察

軽い肉離れだと思われる。日常生活に支障がなければ良いというので、2回で終了。

当院の肉離れの施術は、まず筋肉の疲労や緊張を取ります。そして、内出血を早く吸収させるような施術をします。そうすると、ほおっておいたら、1ヶ月もかかるような痛みでも、短期間で痛みが取れることが多い。

※効果には、個人差があります。

肉離れ、筋肉の張り・痛みについて詳しくはこちら

肉離れ、筋肉の張り・痛み

この記事に関する関連記事