膝痛

  • 突然、膝が痛くなって歩けない。
  • 膝が痛くて、仕事がつらい。
  • 膝を強く打撲して、歩くのにも支障が。
  • 久しぶりにスポーツをしたら(長い距離を歩いたら)、膝が痛くなった。
  • 膝痛のため、休職中。早く直したい。

※「本当に改善するのか半信半疑・・・」という方のために「できるだけ気軽に試して頂きたい」という思いを込めて、初回限定のキャンペーンを行っております。

電話受付時間 午前8時~午後9時

 

ライン受付は、24時間

そもそも、どうして膝が痛くなるのでしょうか。

1 軽い膝痛なら、血流が悪い

軽い膝痛の場合、膝周辺の血流が悪くて、充分に栄養や酸素が届いていない。

2 何かのはずみで膝がずれる

膝をひねってしまった時など、膝の関節がずれると、いきなり歩けない程の痛みが出ることも。

3 使いすぎ

重い物を持って運ぶ仕事だったり、旅行とか登山とか雪かきとか、膝にかなりの負担をかけてしまった場合、膝が痛くなります。

または、子供さんが高校に入学したので、朝早く起きて弁当作りのため睡眠時間が1時間短くなった。とか、仕事の関係で出勤時間が1時間早くなった⇨睡眠時間が1時間短くなった。

睡眠時間が減ったために、ふだんから膝が痛い人が悪化する、ということもあります。

4 膝を強打

転倒等で、膝を強く打ってしまった場合。

5 慢性の膝痛

きっかけはいろいろ。でも、適切な処置をしなかった場合、慢性の膝痛となります。痛くなってからの期間が長くなれななるほど、痛みが取れるまでの期間も長くなります。

病院では、変形性膝関節症 や 半月板損傷 等の診断がなされない膝痛に関しては、次のふたつが主な治療法です。

(1)痛み止めの薬、外用薬(湿布、塗り薬)

(2)注射(ステロイド等)

※ステロイドは効き目もものすごくいい代わり、副作用がこわいです。

痛み止めの飲み薬や注射は、あくまで痛みを抑える対症療法ですが、膝が痛くて非常に苦痛を感じる時は、痛み止めで痛みを和らげ、膝を休ませることは必要なことです。

痛み止めの服用をやめたい方、根本的に治したい方は、当院においでください。

写真は左右にスライドできます

記録カードに記入

記録カードに記入

記録カードに、住所・名前等記入していただきます。

カウセリング

カウセリング

膝の状態について、詳しく伺います。

検査

検査

歪みの検査と調整。全身の回復力が高まります。

施術1

施術1

膝の周辺の疲労・緊張を取ります。膝周辺の血流が良くなります。軽い膝痛なら、これだけで、痛みが和らぎます。とても気持ち良い施術です。

施術2

施術2

膝関節のずれを修正します。膝関節が正常に動くようになり、痛みが和らぎます。

アドバイス

アドバイス

日常生活の注意を伝えます。

今の痛み、ほおっておいたら、直りずらくなります。1日も早く当院においでください。

出張施術もしております。

※「本当に改善するのか半信半疑・・・」という方のために「できるだけ気軽に試して頂きたい」という思いを込めて、初回限定のキャンペーンを行っております。

電話受付時間 午前8時~午後9時

 

ライン受付は、24時間

はじめまして。
院長の小松尚子(こまつしょうこ)です。

自然形体療法の効果に感動し、自分も坐骨神経痛で苦しんだ経験から、皆様が健康になるお手伝いがしたい、との思いで、小学校教員から転職。

平成20年に秋田県湯沢市にコスモス自然形体院を開業しました。当院には、膝痛を和らげるノウハウがあります。あなたの膝もきっと大丈夫です。

あなたが、膝の痛みでお悩みなら、いますぐ当院の門をたたいてください。お待ちしております。

施術は、院長(小松尚子 こまつしょうこ 写真右)または、副院長(小松雅 こまつまさし 写真左)が担当します。

当院では、膝周辺の血流を良くすること、膝関節のずれを修正することで、1回目の施術でもかなり痛みを和らげることが可能です。

膝の痛みは、当院の得意の症状です。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

〒012-0862 秋田県湯沢市関口字関口15-2

高速道路 「湯沢横手道」 三関(みつせき)インターチェンジより3分

(遠方からおいでの方は、三関ICで降りてください。)

JR 上湯沢駅(かみゆざわえき)より徒歩5分

バス停 「関口」(せきぐち)の目の前

 

羽後町方面より・雄勝町方面より・横手市方面よりの、詳しいアクセスは、こちら