膝痛症例12 50代女性 右膝の痛みで正座どころかしゃがむこともできない

施術前の状態

1年ぐらい前から膝が痛み始め、だんだんひどくなった。歩くときの痛みはそんなにひどくない。階段の上り下りで痛い。

痛いのは、右膝の内側。

膝を直角よりもう少しぐらいしか曲げられない。痛いわけではないが、こわい。

しゃがめない、正座できない。

病院でヒアルロン酸の注射をしているが、良くならない。

仕事(小学校の教員)に支障をきたし、今年度限りで早期に退職し、膝の治療に専念することにした。

施術とその後の経過

1回目 平成25年3月31日

施術前:小学校の教員を早期退職し、今日から膝の施術に通う。

施術:まず、全身の歪みの調整。そして、脚全体に疲労・緊張を取る。特に、膝の裏側。膝のずれの修正。

施術後:脚が軽くなった。

3回目 4月9日

階段を下りるときの痛みが軽減。

しゃがめるようになってきたが、筋肉がつっぱる。

4回目 4月19日

キリッとした痛みが無くなってきた。

正座の恰好で、踵とお尻が近づいてきた。

5回目 4月24日

立った時、右足がまっすぐになってきた。

9回目 5月24日

正座に近くできるが、まだ。

10回目 6月1日

膝全体の重苦しさが取れた。

11回目 6月7日

草むしりで自然にしゃがめるようになった。

(おっかなびっくりでなくなった)

16回目 7月10日

正座して、踵とお尻が初めてさわった。

19回目 7月31日

体重をしっかりかけて、正座できた!

24回目 11月6日

長く正座できるようになった。

考察

筋肉が縮んでいたので、正座できるようになるまで時間がかかったが、しっかり体重をかけて正座できるようになり、患者さんと一緒に手を取りあって喜んだ。

その後月に1回ずつ、現在(令和2年3月)まで、メンテナンスの施術を続けている。(冬季を除いて)

当初、無理をすれば痛みが出ていたが、今はほとんど痛みが出ることはない。

変形性膝関節症について詳しくはこちら

変形性膝関節症

この記事に関する関連記事