頚椎症 症例2 60代女性 養豚業 右首・腕の痛み

施術前の状態

1週間前、朝起きたら首が回らなかった。それから、ずうっと痛みが続いている。

上を見ると、右首・肩・上腕まで痛い。上を向いていると、頭痛もしてくる。

寝ているときは、自分の力で首を動かせない。自分の手で首を動かさないといけない。それで目が覚める。

先週3回整骨院に行って、電気をかけてもらったが、さっぱり良くならない。

昨日の夜、すごく痛かった。

1回目 平成29年3月21日 

施術:まず、全身の歪みの調整と疲労回復の手法。

肩・腕まで症状がある場合は、首の筋肉だけでなく、首の椎間板がつぶれていることが疑われるので、首(特に痛い側)の緊張を取り、牽引して椎間板を伸ばす。

施術後

椎間板がつぶれる理由として、
・首の筋肉が緊張している。
・身体が疲れていて、回復できない。

ということが、考えられるので、お風呂にゆっくり入って、睡眠もしっかり取ることを指導。

3回目 3月29日 

3回の施術で、だいぶ楽になった
完全ではないが、養豚業という仕事の都合でなかなか来れないので、これで、終了。

考察

首の痛みだけでなく、肩・腕や手の方まで痛みや痺れがある場合は、首の椎間板に原因がある場合がほとんどです。

このような症状の場合、施術とマザーキャット頚椎枕の使用で、ほとんどの方が楽に生活できるようになります。