めまい症例6(自律神経失調症症例1) 50代女性 自律神経失調症・めまい・吐き気

施術前の状態

めまい・はきけ・息苦しい・玉の汗・歩くことさえままならず、病院へ。自律神経失調症との診断。薬を処方され、自宅で安静に。

めまいがなかなか治まらず、当院へ。

施術とその後の経過

1回目 平成29年11月12日

施術:全身の歪みの調整のあと、肩・首を重点的に緊張をとる。ふだん、休む暇もなく忙しく働いているので、疲労も強い。全身の緊張を取り、リラックスしてもらう。

3回目 11月17日

施術:前回と同じ。リラックスした時間を過ごしてもらう。

施術後:めまいが取れ、体調も良くなり、仕事に復帰できた。

疲労が強いので、その後2回通院。

考察

縫製の仕事、孫の世話・・・毎日が忙しく、休む時間が無い。疲れがたまって、このような症状になったと思われる。

当院では優しい施術で、まず、血流が良くなり、疲労が取れる。更に、心身ともに全身の緊張を取り、ゆっくりリラックスした時間を過ごしてもらうことで、自律神経も徐々に安定してくることが期待できる。

※施術の効果・効能には個人差があります。