めまい症例3 60代男性 建築業 めまい・肩こり(肩こり症例3)

施術前の症状

1年半以上前から。

歩くとフラフラして、ぐらつく。まっすぐ歩けない。足が地に着いていない感じ。

立っていても、グラグラ揺れる。揺れないように足首を曲げて踏ん張るが、ぐらつきが続く。ふんばり続けるのも大変で、長続きしない。

会社で、朝立っていられなくて、会社を休むようになった。現在は休職中。(建築業 とび)

耳鳴りもある。セミが鳴いているような。

めまいがするようになってから、肩こりがひどい。すごくはっていて、どうしても意識が肩こりにいく。

耳鼻科では、良性頭位性めまい と言われた

内科では、首の状態が悪い、肩こりからきている、と言われた。

別の病院では、自律神経失調症と言われた。

1回目 平成30年7月4日

体力的にも精神的にも年齢を押して無理をし、全身が疲れたこと。ストレスが大きかったこと。スマホも長時間やっていた。

このような状況で、身体の回復力が落ちた。ストレスや長時間のスマホの影響もあり、首・肩が緊張し、耳や脳への血流が悪くなって、めまいの症状が出たものと思われる。

施術:まず、全身の歪みの調整。脊柱瞬時触定法等。

そして、胸・背中・首の筋肉の緊張を取る。前胸部及び胸背部及び後頭骨下縁等の指頭静圧可動法等。

最後に、頭部の筋肉の緊張を取る。側頭骨静圧法。

 

施術後:肩こりは軽くなった。めまいは変わらず。肩こりの体操を教えた。寝ている間も回復を促す頚椎枕をレンタル。

2回目 7月10日  3回目 7月16日

施術前の状態:肩こりもめまいもまだある。

施術:初回と同じ。施術中に随分お腹が鳴った。お腹が鳴るのは、緊張が取れ副交感神経が優位になっている証拠。全身の血流が良くなり、内臓の働きも良くなる。

施術後:首や肩が軽くなった。

4回目 7月25日

施術前の状態めまいがほとんど無い。肩こりは、前よりは軽くなった。腰が痛い。

施術:前回と同じ。プラス腰痛を和らげる手法。

施術後:肩が軽くなった。腰は痛くない。

5回目 7月30日

施術前の状態めまいが無くなった。肩こりは軽くなったがまだある。

施術:前回と同じ。

施術後:肩が軽くなった。

考察

めまいが改善したのは、まず、指示通りに1週間以内に通院を続けたこと。これが、2週間となると、なかなか改善しない。

肩・首の緊張から、耳や脳への血流が悪くなっていたため、めまいの症状が出ていた。当院の施術で耳や脳への血流がよくなって、症状が無くなったと思われる。

肩こりを完全に無くすために、もう少し通院を続けてほしかったが、事情で終了。生活の諸注意を確認。

めまいについて詳しくはこちら

めまい

この記事に関する関連記事