腹痛 症例1 中2女子 バスケット 腹痛・頭痛・めまい(頭痛症例4,めまい症例10)

施術前の状態

数ヶ月前から、ひどい腹痛で学校に行けない時もある。朝も起きれなくて、学校に遅れたり休んだり。

腹痛以外に、頭痛やめまいも。

病院でもらった薬を飲んでいるが、いっこうに良くならない。

他の症状として、ひどい生理痛や生理前のイライラ、便秘。

1回目 平成30年4月1日

施術:来院のきっかけは、腹痛ではなく打撲が原因の膝痛。歩けなくて、松葉杖で来院。そのとき、ここ数ヶ月腹痛で苦しんでいることを聞いた。

彼女は、6年生の時からちょこちょこ怪我をしては来院している。肉が好きで野菜をほとんど食べない子。6年生の時点で便秘。週に1~2回しか出ない。

膝は、撫でる方法で緊張が取れるので、撫でながら、食事について、彼女にこんこんと説明。

肉ばかり食べて野菜を食べないと、腸の中で肉を消化しきれず、腐敗。それが腸の中でいろんな悪さをする。それが今回の腹痛の根本原因。

彼女は野菜を全く食べれないわけではなく、食べられる野菜もあるし、料理法によっては食べられるときもある。

たとえば、トマトは嫌いだけどミニトマトなら食べれる。⇒じゃあ、ミニトマトをいっぱい食べて。

ほうれん草のおひたしは食べないけど、ゴマ和えなら食べる⇒じゃあ、ゴマ和えにして食べて。

レタス。我慢すれば食べれる。⇒じゃあ、我慢して食べて。

食べられる調理法にしたり、ちょっと我慢すれば食べられるものは頑張って食べる。また、果物も食べるように。

早食いで10分足らずで食べ終わってしまうそうなので、できれば、もう少しゆっくり良く噛んで食べる。

施術後:膝の方は、普通に歩けるようになった。

2回目 4月8日

施術前の状態:野菜を頑張って食べている。お母さんの話によると、人が変わったように野菜をばりばり食べているそう。よほど症状がつらくて、この症状が治るなら、と野菜を食べる決意をしてくれたのだと思う。

症状は、急な変化はないが、少しずつ良くなってきている。

膝は、バスケットの練習をすると、まだ少し痛みがある。

施術後:野菜を続けて食べるように、話して終了。

その後、数ヶ月して、別の怪我で来院。腹痛はどうなったか聞いたら、少しずつ症状は良くなり、腹痛は全く無くなった。頭痛やめまいも。朝も起きられるようになり、学校にも元気に行ける。薬も飲んでいない。

考察

肉を食べる量が多い、かつ野菜をほとんど食べない。このため起こった腹痛でした。他に、人間関係のストレスも大きいようで、それも関係していると思われます。

ストレスは、早急には無くなりませんが、食事なら本人次第でいくらでも改善が可能。

よほど症状がつらかったようで、私の説得を受け入れ、人が変わったように野菜を食べるようになった。そうしたら、少しずつ症状が改善し、すっかり腹痛は無くなった。頭痛やめまいも。

やはり食べ物の影響は大きい。

胃腸の不調、便秘について詳しくはこちら

胃腸の不調、便秘

この記事に関する関連記事