めまい症例7 70代女性 めまい・吐き気

施術前の状態

突然、朝、めまいの発作が起き、立っていられなくなって、入院。ドクターが処方した薬を飲み、ベッドに横になっていると、吐き気が強くなり、食事が取れなくなって、体が弱ってしまった。

退院の翌日に来院。めまいと吐き気がまだある。

施術とその後の経過

1回目 平成30年4月21日

施術:まず、全身の歪みの調整。次に特に首の筋肉の緊張を取る。耳や脳への血流を良くするため。また、気持ち良い施術で、リラックスしてもらう。

施術後:本人の弁⇨身体全体に息を吹き込まれたような、おいしい水をいただいたような、生き返ったような気持ちになった。

3回目 5月18日

施術前の状態:めまいも吐き気も治まり、食事もきちんと食べられるようになった。家族から、声も元気になって良かったね、と言われた。

施術:1回目と同じ。

考察

入院中、めまいに加えておそらく薬の副作用で吐き気が強くなってしまったのではないかと思われる。

退院しても、めまいと吐き気が治まらず、来院。全身の歪みの調整と首の血流を良くし、耳や脳への血流を良くしたこと、気持ち良い施術でリラックスしたことで、症状が無くなったと思われる。