癌の再発を防ぐ方法・癌にならない方法

現代の日本人の約半数は、生涯のうち一度は癌になります。また、日本人の死亡原因の第1位は、「癌」です。

癌は、命にかかわる恐ろしい病気ですね。でも、癌は、生活習慣病でもあるのです。私たちの普段の心がけで、癌にならず、癌の再発を防ぎ、健康で長寿を全うすることができます。

このページでは、日常できる癌の予防法、癌の再発を防ぐ方法について、お知らせします。

その前に、癌にまつわる情報をいくつか知っておいてください。

 

癌細胞は、毎日作られている

私たちの体では、毎日1兆個以上の細胞が破壊され、1兆個以上の細胞が新しく作られています。

試験管の中で1兆個の新しい細胞を作ると、数千個の変異細胞、すなわち癌細胞ができます。

私たちが寝ている間に、3000個から数万個の癌細胞が、毎日毎日作られているのです。でもそう簡単には、癌にはなりませんね。それは、なぜでしょう。

 

免疫システムが癌細胞を破壊

免疫システムは、外部から侵入した細菌やウイルスを攻撃して破壊し、病気にならないように体を守ります。このシステムは、癌細胞にも働き、癌細胞を破壊します。だから、正常に免疫システムが働いていると、癌にはなりません。

 

免疫システムは、年齢とともに低下

免疫システムは、20歳ごろをピークに、40歳で半分、50歳で3分の1にまで落ち込みます。年齢とともに、癌になる人が多いのは、こういうわけです。

だから、癌にならないためには、いかに免疫力を上げるか、これが大事です。

 

免疫機能の8割は、腸に存在

免疫機能の7割は小腸に、1割は大腸にある、と最近の研究で明らかになっています。

ただ、免疫機能の98%は眠ったままであるとも言われています。それは、善玉菌が不足しているから。

だから、免疫力を上げるには、善玉菌を増やし腸内環境を良くすることが大切です。

 

体温が下がると免疫力が下がる

体温が1度下がると免疫力が3割下がると言われています。

また、癌細胞は35度台の体温で活性化します。

だから、ふだんから、体温を上げる工夫をしたいものですね。

工事中

癌の再発を防ぐについて詳しくはこちら

癌の再発を防ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加