有痛性外脛骨の痛みは全く無くなり、みんなと同じ練習をし、大会に参加することができました

お客様写真
アンケート用紙

平成25年4月、中学に入学し、はりきって陸上部へ入部しました。
ところが、3日くらい練習をしたら、足が痛くて歩いて家へ帰るのも無理な状況でした。

息子は、3ヶ月ほど前に、有痛性外頸骨と診断されており、それが練習によって悪化したのでした。

病院では塗り薬をもらい、いずれは手術する方法もある、と言われました。
でも、手術はさせたくなかったので、接骨院へ連れて行きました。

電気治療などを約1ヶ月続けましたが、ほとんど効果はなく、練習をする度、痛みは続き、全力で走ることは不可能な状態でした。

そんな時、インターネットで調べてみると、自然形体療法で回復することを知り、早速施術していただきました。
一度、施術していただき、マザーキャットをレンタルして、家でもマッサージしました。

それだけで、痛みは全く無くなり、みんなと同じ練習をし、大会に参加することができました。
1ヶ月前ではとても考えられませんでした。
夢のようです。本当にありがとうございました。

湯沢市 中学1年 男子 陸上部  症状: 有痛性外頸骨

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

歩くことさえ困難だった有痛性外頸骨が公式戦(サッカー)に出場できるまでに改善 お客様写真
1ヶ月半も続いた足首捻挫の痛みが、帰りには普通に歩けた お客様写真
足首靱帯損傷、帰るときは松葉杖無しで普通に歩いた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加