歩くことさえ困難だった有痛性外頸骨が公式戦(サッカー)に出場できるまでに改善

お客様写真

長文ですが、有痛性外頸骨でお悩みの方はお読みください。

6月中旬から痛みが出始め、走ること、ボールを蹴ること、そして歩くことすら痛みにより困難になり、鍼灸接骨院に通院していましたが、なかなかよくならず、クラブチームのコーチ・トレーナーの薦めによりスポーツ総合診療の病院を受診しました。

エコーにより有痛性外脛骨と診断を受け、約1ヵ月ドクターストップがかかり安静にしていましたが、痛みが減ることもなく、サッカーができない日々が続いていました。

チームのコーチ・トレーナーの薦めでチームドクター(岩手医科大学附属病院)の診察を受けました。CTを撮り、ブロック注射を打ったが、1週間くらいしか効果は続かなかった。

インソールも作成したが、さほど効果が現れず、痛みが軽減されることがなく、病院では外科的治療(手術)も患部的に難しいと言われ、サッカーを辞めなければならないとまで考えたときに、小松先生のHPを見つけました。わらにもすがる思いで治療をお願いしました。

2回目の治療から痛みが少しずつ和らぎ、治療回数が増えるにつれ目に見えて回復してきているのが実感しました。外科的治療では見放されたような状況から、今では週5日の練習も休むことなく参加でき、今では通常練習すべて、そして公式戦に出場できるまでに回復しました

ここまで回復させていただき本当に感謝しております。

岩手県 12歳 男子 サッカー 症状:有痛性外頸骨

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

1ヶ月半も続いた足首捻挫の痛みが、帰りには普通に歩けた お客様写真
足首靱帯損傷、帰るときは松葉杖無しで普通に歩いた
足首捻挫から2週間で、試合に出場 お客様写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加