坐骨神経痛症例14 30代男性 左お尻と太ももの痛みで仕事が苦痛

施術前の状態

左半身に神経痛のような痛み(と本人)。2週間ぐらい前から痛い。

左お尻と左太ももの裏側、膝・ふくらはぎの裏側が痛い。

朝起きたとき痛い。足をひきずるくらいの痛み。だんだん痛みが薄れる。

冷えたとき痛い。温めると楽。

動いていてもじっとしていても痛い。

病院では、筋肉疲労 と言われ、湿布と漢方薬をもらったが改善せず。

施術とその後の経過

1回目 令和2年1月3日

施術:まず、全身の歪みの調整。その後、腰やお尻の緊張を取る。

お尻の緊張を取っただけで、太もも裏側・膝からふくらはぎの痛みがだいぶ緩和。

施術後:お風呂にゆっくり入るなど、日常生活の注意。

2回目 1月5日

施術前:太もも後ろ側の痛みは無くなった。お尻とふくらはぎの痛みがまだある。

施術:全身の歪みの調整とお尻の筋肉の緊張を取る。

施術後:痛いのはお尻だけになった。

3回目 1月11日

施術前:ふくらはぎとお尻がまだ痛い。

施術:前回と同じ。

施術後:痛みはだいぶいい。

考察

お尻の筋肉の緊張を取っただけで、お尻・太ももの裏側・膝裏側からふくらはぎの痛みが楽になった。(お尻の緊張が痛みの原因だった。)

緊張が取れたのは、優しい施術で脳が安心し、緊張の命令を解除したから。

まだ痛みが残っていたので4回目予約したが、良くなったからキャンセルとなった。3回で終了。

欲を言えば、4回目もしっかり施術し、身体の疲労を取っておいた方がより再発を防げる。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事