腰痛・坐骨神経痛症例20 60代女性 右大腿外側の痛みではって歩いてる

施術前の状態

このごろ、200㍍歩くのが難儀だった。

4日前から、ものすごく痛くなった。(右太ももの外側)痛くて痛くて整形に行ったら、椎間板ヘルニアになりそうと言われた。

3日前にブロック注射をやったが、まだ痛い。

特に朝起きた時が痛くて、はって歩いている。夜寝る前も痛い。(朝ほどどはないが)

運転は大丈夫。

1回目 令和元年8月2日

施術:まず、全身の歪みの調整。それから、椎間板の牽引と股関節周辺や大腿外側の緊張を取る。

施術後:お風呂が大切なこと。毎日甘い物の間食を食べているということだったので、血流を良くするために甘い物はできるだけ控えるように助言。

※全身の歪みを調整することの意味

2回目 8月8日

施術前:夜の痛みは無くなった。朝はまだ痛い。でも、日中はそれほど痛く無い。

お風呂に2回入っているし、甘い物も食べていない。早く直りたいとの一心で、頑張っているご様子。

施術:前回と同じ。

3回目 8月11日

施術前:朝痛い時間が短くなった。

5回目 8月24日

施術前:痛みが10分1より少なくなった。

6回目 9月1日

施術前:99%良くなった。朝ちょっとひっぱれるかなあ、ぐらい。

今回で終了。

※効果には個人差があります

 

考察

椎間板ヘルニアというよりも、股関節から大腿外側の緊張により、症状が出ていたものと思われる。

緊張を取る手法で、どんどん順調に回復した。

※回復には、個人差があります。

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関する関連記事