坐骨神経痛症例9 70代女性 左腰臀部から左脚全体が痛い

施術前の状態

平成30年8月25日の夕方から、いきなり痛くなった。買い物に行って、荷物を持ったら痛くなった。それまでは何とも無かった。

左腰臀部股関節周辺、左脚全体特に前側やふくらはぎ外側、両足首、の痛み。

立ち上がる時に痛くて大変。日によって、痛いところが違う。

病院でレントゲンを撮ってもらっても、原因がわからない。腰に注射を打っても治らない

痛くなる2~3日前、すごくくたびれていた。孫の送迎や家事、冷房が効いたところで過ごしたことも悪かったか?

施術とその後の経過

1回目 平成30年8月31日

施術身体全体の歪みの調整。その後、痛い所を中心に緊張や疲労を取っていく。施術中は、緊張が取れてきた証拠にお腹が随分鳴っていた。

施術後:お風呂にゆっくり入ることなど、指導。

9月5日の3回目までは、さほど変化なし。まだ痛い状態。

※歪みを直すことの意味

4回目 9月8日

施術前状態:前よりは良くなってきた。腰はまだ痛い。

施術:1回目とほぼ同じ。

6回目 9月15日

施術前の状態:前よりは、随分いい。歩きやすくなった。腰がだるい感じはあるが、痛みは無くなった。

7回目 9月20日

施術前の状態:かなりいい。

これで、終了。

考察

本人の自覚はあまり無いが、疲れがたまって腰や脚にたまってきた疲労を自力で回復させることができなくなったのではないか、と思われる

全身の疲労が取れ、痛い周辺の血流が良くなることで、回復力が高まり、痛みやだるさが無くなっていったものと思われる。

坐骨神経痛というよりは、全身の疲労とひどい筋肉痛というところか。疲労が取れ回復力が戻るまでに3回の施術が必要だったのであろう。その後、だんだん症状が緩和していった。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事