親指の痛み 症例1 40代女性 主婦 親指の付け根が痛い

 

 

 

施術前の状態

1ヵ月前から、左手の親指の第2関節のところが痛い。

何か物をつまむとき、痛い。ペットボトルとかぎゅっと握ると痛い。左手でぎゅっと握れないので、ペットボトルのふたが開けられない。圧痛がある。(押すと痛い)

最初は、ちょっと痛いな、ぐらいだったが、だんだん痛みが増した。

近くの整骨院へ行って、電気をかけたが、治らない。整形外科にも行ってみたが、治らない。

1回目

施術:まず、全身の歪みの調整。それから、痛いのは左親指の付け根だが、左の肩甲骨から肩~腕全体の疲労を取る。

左親指手首周辺の指撫法をしばらくやって、圧痛はほとんど無くなった。

次に、痛いときの動きをしてもらい、関節のずれを修正していくと、

あら、痛く無い。」

別の動きでも数回繰り返すと、

あらまあ、痛く無い。」

「もっと早く来れば良かった!」

1回で終了。

電気をかけるより、撫でる方がよほど効きます。

考察

使いすぎによる、疲労が原因でしょう。

筋肉や靱帯が傷つき、動かすときに関節がわずかにずれるための痛みでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加