小6 女子 バスケット 内反小趾

小学6年 女子 バスケット 主訴 内反小趾 バスケットをやっている時だけ痛い

☆施術前の状態
左足の小指の付け根の痛み
歩いては痛くない。
全力で走ると痛い。
走ってはたまに痛い程度だが、横の動きは痛くてできない。
特にサイドステップで止まるとき痛い。
左足小指の付け根のところが赤くなって出っ張っている。

陸上もやっている。まっすぐ走る分には、それほど痛くない。

☆施術とその後の経過
足の甲や足の裏、足首周辺、膝から下の緊張をとっていく。

普段の生活では痛みはなく、バスケットシューズを履いて、
とくに横の動きで痛いので、施術後、しっかりと痛みの確認はできなかった。

その後、チームメイトの人がふたり来院したので、彼女の様子を聞くと、
特に気にすることもなく、練習しているとのこと。

まったく痛みが消えたかどうかは確認していないが、
痛くて十分な動きができなかったのが、
特に気にする様子もなく練習している、というので、
(彼女の紹介で来院したチームメイトふたりから聞いた)
だいぶ痛みが軽減したものと思われる。

☆考察
気にすることなく練習に参加できるようになって、良かった。
ひざ下から、丁寧に緊張をとっていったのが良かったと思う。

※施術者 小松尚子
※効果には個人差があります

非公開: 脚について詳しくはこちら

非公開: 脚

非公開: 脚に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加