頭痛改善のための食生活

鶴見式酵素栄養学における頭痛改善の食事。

鶴見隆史医師による指導です。

頭痛の原因

一般に、頭痛の原因は、器質的なもの(たとえば脳卒中や脳腫瘍)がなければ、腸の腐敗からなります。腐敗により出たammonia(アンモニア)が脳に行き、経度脳圧更進するからです。

頭痛の原因となる腸の腐敗につながる食事は、間違いなく、動物性タンパク質過剰と砂糖菓子と夜食と食べてすぐ寝ることやダラダラ食い。

下記は腸が腐敗しないための食事、便秘を改善する食事です。

夜、食べてすぐ寝ない

間食・特にだらだら食いをしない

夜食は禁止

肉・加工肉・鶏卵をかなり減らす

加工肉とは、ハム・ウインナー・ベーコンなど。肉より加工肉は更に良くない。

食べたら、野菜や海藻をたっぷり食べる。

砂糖菓子はできるだけ食べない

白砂糖は、良くない。

ファイバーシュガーなら良い。株 イムノカーサ で購入できる。

小麦の食品は禁止

パン、パスタ、ラーメン、ウドン、小麦粉のスポンジは、大きく減らす。1ヶ月は禁止。

頭痛が治るご飯の炊き方

その他のオススメ

えんやさん(09078336812)の発芽玄米餅は、素晴らしく質が良いため、是非、えんやさんの発芽玄米のし餅を取らせて食べさせて下さい。

えんやさんの『餅アイス』は、アイスクリームですが、ファイバーシュガー使っており、食べても全く大丈夫。

発芽玄米よもぎ餅は、あんこ入り、と、あんこ無しがありますが、あんこは、ファイバーシュガーなので、これまた食べてOKです。

なお、えんやさんの米は、無農薬、無肥料、在来種であり、白米にして送ってもらい食べさせたい。日本一の白米がわかります。