指導されたことを継続していくうちに、膝の痛みは解消していきました

お客様写真

加賀谷 匡さん(おとうさん)より、施術の感想をいただきました。

息子は小学5年生ころからオスグッドの症状が出始め、 6年の夏には走ることもままならない状態でした

通院を決めることきにはいろいろ調べ、インターネット検索により見つけました。当初は、半信半疑で、本当に治るのか?という思いでした。

しかし、初めて通院したときに指導されたように、毎日ストレッチとマッサージを 繰り返し、風呂にもじっくりつかるようにしました。

定期的に通院しながら、 指導されたことを継続してくうちに、痛みは解消していったようです。 その後、練習後には、少し違和感の出ることはあったようですが、痛みという ほどではなく、風呂にゆっくり入ると、解消されるレベルのようでした。

現在は(平成26年)中学校1年になり、サッカーを十分にプレーできるようになりました。 また、体格で上回る上級生とぶつかり合っても、怪我をしなくなりました。 ただ、再発しないように、教えていただいたストレッチの継続と、入浴等の 日常生活で気を付けることなどは継続しています。

先生の教えには共感するところが多く、日頃の体調の維持管理の基礎と なることなので、これからも息子に 「ストレッチやったが」 「じっくり風呂に入れ」 など、声をかけていくつもりです。

 

中学1年  男子  サッカー   症状名・オスグッド

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

お父さんも書いているように、 ストレッチ、お風呂は、超重要です。
その他には、睡眠、正座も。 単に、怪我の予防だけではなく、きれのあるしなやかな身体を作り、 技術の向上も速くなります。

疲労も少なくてすみます。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

歩くことさえ困難だった有痛性外頸骨が公式戦(サッカー)に出場できるまでに改善 お客様写真
1ヶ月半も続いた足首捻挫の痛みが、帰りには普通に歩けた お客様写真
足首靱帯損傷、帰るときは松葉杖無しで普通に歩いた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加