土日も営業、ボキボキしない気持ちの良い整体として秋田で評判の当院へぜひ一度お越しください。

痛みの無い幸せな人生を送りませんか?女性による気持ちの良い完全無痛の治療院!コスモス自然形体院

Eメールの方はこちら

施術者プロフィール

院長
名前
小松尚子
出身地
秋田県仙北郡太田町
(現在は、大仙市)
血液型
O型
趣味
散歩、登山、写真撮影
特技
スキー、ピアノ
好きなスポーツ
バドミントン
好きな偉人
キュリー夫人

■この仕事の魅力 つらい症状を持つ患者様が笑顔になり、「楽になった」と喜んでいただけるのが、なによりうれしいし、施術家冥利につきます。

■患者様に一言 ひとりひとりの症状に合わせて、誠心誠意施術しております。どうぞ、安心して、ご来院ください。

これまで自然形体療法で回復した主な症状

はじめまして。コスモス自然形体院 院長の小松尚子です。

H20年4月。小学校教員から自然形体療法師への異色の転身。

なぜ、安定した仕事を辞めてまでも、自然形体療法師の道を選んだのでしょう。

その経緯は?

運動会のイメージ平成15年4月、地域の運動会で百足競争に出た際、激しく転倒し、膝を強打。

約1ヶ月ほど膝が腫れ正座もしゃがむこともできず、階段の上り下りや仕事にも支障をきたしていました。整形外科では特に異常はないとの診断で、湿布三昧の毎日でしたが、いっこうによくなりません。

どこかで治療してくれるところはないか、病院等のホームページを毎日あちこち見ているうちに、自然形体療法のホームページを見つけたのです。

そこには、信じられないような症例がたくさん載っていました。

普通だったら、誇張した表現、と考える人も多いかもしれませんが、私は、これはすごい、私の膝も治るかもしれないと、問い合わせをし、わざわざ秋田から東京まで、施術を受けに出かけました。

>> 「自然形体療法総本部」の各治療例を見たい方はこちら

これが、初めての自然形体療法との出会いです

結果、1回の施術で正座ができるようになり、自然形体療法はすごい、とすっかり信頼を寄せることとなりました。

その後、しばらくは不調はなかったのですが、平成17年10月ごろから、左足の痺れに始まりだんだん起きがけや立っているときに足が痛むようになりました。

整形外科では、坐骨神経痛との診断。症状は、急速にひどくなり、歩いているときはなんともないけれども、ちょっとでも静止して立っていると、左足の特にくるぶしのあたりが痛くなり、とても立っていられません。

しゃがむか歩けば痛みはひいていきます。しかも、仰向けに寝た状態では、左足が、太ももからすね・くるぶしにかけて、激しく痛み仰向けに寝ることができません。酷いときは、横向きに寝ても、痛くない姿勢を探さないと、痛みが止まらないし、夜中に痛みで目が覚めることもありました。

このような状態なので、また、自然形体療法の治療院へ行くことにしました。それまで、かなり、症例とかを見ていたので、自然形体一本で回復を目指そうと決めていたのです。

施術後は、嘘のように、夜は仰向けでもぐっすりと眠ることができました。

ふとんに大の字になって寝る、という当たり前のことがなんと幸せなことなのか、実感しました。しかし、続けて施術すればどんどん良くなるだろうと思いつつも東京まで通わなければいけないため、頑張って通っても月に2度上京するのがやっと。仕事でも無理をせざるをえない状況で、良くなっては悪くなりを繰り返していました。

そのころは、この痛みが治るなら、交通費や施術料金がいくらかかってもいい、という気持ちでした。

自己療法のイメージ自然形体療法には、自己療法もあることを知り、自己療法を習い始めたのが翌年の2月。そうしたら、良くなっては悪くなり、の状態から、良い状態が長続きするようになったのです。

自然形体の自己療法は、すごい!

その体験をひとつ。

夜中の2時頃、左足の痛みで目が覚めていた時期に自己療法を教えてもらったら、

その夜からぴたりと足の痛みで夜目が覚めることがなくなりました!!

こんなわけで、だんだん自然形体療法に興味を持つようになりました。自分の身体は、まだ完全ではなかったけれども、この療法への関心は深まるばかり。一般的な考えとは全く違う考え方ですが、通常考えられない驚くような回復例が多い!!!

自分の体験から確信を持っていた私は、だんだん、この療法を習ってみたい、と思うようになり、教えてくれるところはないか、探し始めました。

ようやく、坐骨神経痛の方はほぼ良くなり、楽に生活できるようになった平成18年の3月。今度は、ぎっくり腰になるなど、紆余曲折はあったものの、体調はほぼもどり、自然形体療法に通ったおかげで身長も1.5センチほど伸びました。

平成18年7月より、休日や長期休みに有給休暇をとって、「日本自然形体療法専門学院」に足を運ぶようになりました。最初のころは、これを次の職業にする、などとは全く考えておらず、純粋に学問的興味からの出発でした。
しかし、研修をすればするほど、ますます感動し、将来、定年よりちょっと前に退職したら、この仕事をしようと考えるようになっていきました。

研修数ヶ月で、身内の膝痛、踵痛、腰痛、便秘、メニエール病、全身の疲労など、どんどん回復し、ますます確信を深めました。

自然形体療法の研修をするようになって、教員の仕事と自然形体の治療家と、どちらが社会に貢献できるか、世の中の人のためになるかと考えるようになり、早く退職し、

自然形体の治療家になろう!

と決意するに至ったのです。

研修のイメージ平成19年6月「日本自然形体専門学院」を修了。
開業の資格を得ました。仕事を続けながら、研修は継続。今度は、自然形体療法の創始者である山田洋先生に直接学び始めました。

平成20年4月、「コスモス自然形体院」開業。

その後も毎月上京し、技術の向上のために汗を流しています。自分の体験から、自己療法の重要さを痛感し、自然形体療法の自己療法の課程もすべて修了しました。

現在では、自然形体療法本部認定の最高資格である「上級本部師範資格」を取得しています。

上級本部師範資格のイメージ

開業9年目の現在、研修の継続と施術の経験の積み重ねから施術効果も倍増しています。

マザーキャット・マザーキャットクッション・マザーキャットカバー付き頚椎枕という施術の道具が加わったことで、「鬼に金棒」。自然形体療法の威力は、想像を超えるものがあります。

自然形体療法の優れたストレッチやスポーツの練習方法の普及、花粉症や不妊でお悩みの方への手助け、などにも力をいれております。

更に平成27年3月よりは、アトピー、アレルギー性紫斑病改善のための研修も積んでおります。

自然形体療法の施術を身近で受けたい、との多くの方々のご要望にお応えし、「自然形体療法東北本部秋田塾」をスタートし、施術家の養成にも本格的に取り組み始めました。

>> 自然形体療法東北本部秋田塾 について、詳しくはこちら

平成27年には、多くの人に自然形体療法を受けてほしいという念願が叶い、秋田市にコスモス自然形体院を開院することができました。

>> コスモス自然形体院 秋田出張所 のHPはこちら

研修のイメージ 平成28年6月よりは、女性スタッフが卒業し、新たに男性スタッフも施術を担当しています。

そして、

自然形体療法は奥が深い。

学べば学ぶほど、その理論と手法の奥深さに驚きの連続なのです。

最近は、スポーツ障害の学生さんにも多くご利用いただいております。

痛み止めの薬と湿布ではなかなか回復できなかった膝の痛み・腰痛・アキレス腱の痛み、肉離れ、投球時の肩や肘の痛みなどが、目に見えて改善しております。定期的に施術を受けることで、パフォーマンスの向上・怪我をしないで大会に参加できた!と好評です。(詳しくは、症例のページやブログをご覧ください)

あなたが、

このホームページに巡り会ったのは幸運

院長のイメージだったと思います。

きっと改善します。

そう強く言えるのも何より自然形体療法で健康になった私自身がその効果の証人でもあるからです。

どうぞ、お気軽にお問い合わせしていただき、当院までおいでください。

施術者スタッフ

小松雅
名前
小松雅(まさし)
出身地
湯沢市関口
生年月
昭和62年3月生まれ
趣味
映画鑑賞

コスモス自然形体院

  • 〒012-0862秋田県湯沢市関口字関口15-2
  • 地図
    >> 地図・アクセスページはこちら
    地図
  • [営業時間] 午前9時~正午
    午後2時~午後6時
  • [休業日] 月曜午後、木曜日
  • ※専用の駐車場有ります(無料)
  • お電話でのお問い合わせ:0183-73-2959
    ※移動中や施術中は申し訳ありませんが
     電話に出られない場合があります。
  • Eメールお問い合わせ Eメールでお問い合わせの方はこちらから

ページ上部へ戻る